Mind

「初動力」0→1を生み出すまでに全力を

どうも、飯島一休(@kazuyoshi1140)です。

 

初動」。

なにか新しいことを始めたとき、最初はなにも結果がない状態ですが、「いかにそこから早く脱するか」「いかに初動を生めるか」って僕は大事だと思っています。

 

「つまらない」状況から1秒でも早く脱せよ

なにごとも「いかに初動を生めるか」って発想は大事だと思います。

例えば、ブログをやるなら「いかに早く人に見てもらえる状況にもっていけるか」「いかに早く収益化にこぎつけるか」って発想。

この発想をもってるかどうかで、やっていることの成功率は大きく変わる。

 

そもそも人って飽きやすい。

「うっし!ブログで頑張るぞ!!」って決心しても、そのときの気持ちがずっと変わらないままブログに取り組める人はそういない。

ほとんどの人は、最初のときの熱い気持ちは忘れ去ってしまう。

で、思うような結果が出る前に途中でくじけたり、そこにエネルギーを注げなくなってしまう人は少なくないと思う。

 

やっぱり「刺激」がないことを続けるのは難しいと思うんですよね。

だから、「ブログで成功したい」と思ってる人にとって、「まだ少しも結果が出てない状況」って危険ゾーンなんですよ。

だから、「その状態を1秒でも早く抜け出したほうがいい」って意識はもっておいたほうがいいと思います。

 

1秒でも早く抜け出すためにも「初動力」を

その状態から抜け出すには、「うお!これオモロイな〜!!」って感じれるポイントを自分で作る必要がある。

例えば、ブログだったら「PVが増えた」「収益が発生した」「記事にコメントをもらえるようになった」などなど。

 

そういう動きがあれば、勝手にハマれる。

「あれ??これ30記事書いて1,000円の収益でしょ??そしたら、100記事書く頃には3,000円の収益になってるわけでしょ??うわ、頑張ろ〜!!」ってなれるんですよ。

 

でも、逆に。

動きがない時期が長いと、そこに向き合う気力も楽しさもワクワク感もなくなっちゃうんだよね。

だから、さっきも言ったけど「結果が出てない時期は1秒でも早く抜けるべき危険ゾーン」だと思ってるんですよ。

 

そこから考えると、「早く結果を出すために、一番最初の時期こそ一番頑張る」って考えをもってる人のほうが成功する確率は高いと思う。

というか、そういう気持ちで取り組まないと、失敗してしまう確率が高いと思う。

 

一番最初が一番エネルギーがいると思うんですよ。

0→1を生み出すまでが。

逆に、少し結果が出てからは最初より力を入れずに進んでいく。

1を生み出したら、「お!このやり方で続けたらいいのかも」って、ちょっとコツがつかめてますしね。

 

だから、「0→1までにとにかく全力を注ぐぞ」って発想の「初動力」は成功確率を高める上で大事だと思ってます。

これはなにごとでもそう。

 

ダイエットとか筋トレでも体に変化が生じ始めたら楽しいじゃないですか??

ビジネスでも同じです。

自分で「ハマれる理由」を作れる人が勝っていくんです。

ABOUT ME
飯島一休
飯島一休
飯島一休 脱無難株式会社 代表取締役社長/ブログアフィリエイト/ブログコンサル 「格好良く生きる」が人生のテーマ。 イケてるメンズを創り出していきたい。