BUJINESS

20代で年収1,000万を稼ぐ仕事をしたいならネットで起業しろ

動画Ver.

 

20代で年収1,000万を稼げる仕事はほとんどない

結論から言うと、20代で年収1,000万を稼げる仕事はほとんどないです。「20代の年収分布給料分布を徹底解説」という記事に掲載してあった20代の給料分布を見てみてください。

20〜24歳の給料分布

給料 割合
~9.9万円 0.10%
10万円~12万円 0.30%
12万円~13.9万円 2.20%
14万円~15.9万円 5.50%
16万円~17.9万円 13.70%
18万円~19.9万円 20.90%
20万円~21.9万円 23.90%
22万円~23.9万円 16.20%
24万円~25.9万円 8.40%
26万円~27.9万円 4.00%
28万円~29.9万円 2.10%
30万円~31.9万円 1.20%
32万円~33.9万円 0.50%
34万円~35.9万円 0.30%
36万円~39.9万円 0.40%
40万円~44.9万円 0.20%
45万円~49.9万円 0.00%
50万円~59.9万円 0.10%
60万円~69.9万円 0.00%
70万円~79.9万円 0.00%
80万円~89.9万円 0.00%
90万円~99.9万円 0.00%
100万円~ 0.00%

25〜29歳の給料分布

給料 割合
~9.9万円 0.00%
10万円~12万円 0.20%
12万円~13.9万円 1.20%
14万円~15.9万円 2.70%
16万円~17.9万円 4.90%
18万円~19.9万円 9.50%
20万円~21.9万円 15.30%
22万円~23.9万円 18.20%
24万円~25.9万円 15.80%
26万円~27.9万円 11.20%
28万円~29.9万円 7.40%
30万円~31.9万円 4.70%
32万円~33.9万円 3.00%
34万円~35.9万円 1.70%
36万円~39.9万円 2.00%
40万円~44.9万円 1.20%
45万円~49.9万円 0.40%
50万円~59.9万円 0.30%
60万円~69.9万円 0.20%
70万円~79.9万円 0.00%
80万円~89.9万円 0.00%
90万円~99.9万円 0.00%
100万円~ 0.00%

20代の年収分布給料分布を徹底解説より引用

 

この分布によると年収1,000万以上の20代は0%ということがわかります。まあ、実際には20代で年収1,000万以上稼ぐ人はいますが、割合としては相当少ないということですね。

20代前半だと割合として一番多いのが20万円〜21.9万円。20代後半だと22万円〜23.9万円となっており、普通に仕事を選ぶと20代の年収は200〜300万に落ち着くわけです。

 

20代で年収1,000万円稼げる仕事

とは言っても本当にごく一部は20代で年収1,000万円を稼げる仕事はあります

  • 総合商社
  • 外資系コンサル
  • マスコミ業界

といった業種なら、企業によっては20代で年収1,000超えはありえるでしょう。

 

総合商社

総合商社といってもどこでも20代で年収1,000万を狙えるわけでもなく、特に大手の七大商社(三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅・豊田通商・双日)に入らないと20代で年収1,000万は無理でしょう。

七大商社に入るには当然学歴が必要になってきます。僕は早稲田大学に在学していたことがあり、知り合いが七大商社を受けていましたが入社できている人はほとんどいませんでした。総合商社に入って20代で年収1,000万を稼ぐのは、高学歴の中から一握りの人しか入社できない狭き門ということです。

 

外資系コンサル

外資系コンサルも若いうちから高い給料をもらえる代表的な仕事。マッキンゼーといった会社が有名ですかね。20代の年収は600万から始まり、3年目で年収1,000万は超えてくるそうです。

ただ、外資系コンサルも当然ながら求められる能力は非常に高く、総合商社以上に狭き門と言えます。学歴はもちろん、外資系コンサルなら英語を話せる能力も当然のように求められます。コンサルタントとしての適正能力・高い学歴・英語力など、様々な能力が求められるエリート職と言えるでしょう。

 

マスコミ業界

マスコミもテレビ・新聞・出版など様々な業種がありますが、特に年収が高いのはテレビ業界でしょう。特にテレ朝やTBSといったいわゆるキー局に勤めれば20代で年収1000万超えも見えてきます。

ただ、キー局に入社するのも当然ながら狭き門。倍率500倍とかで超人気だから入社するのは超ハード。当然そもそも学歴がないとまず入社は無理です。

 

20代で年収1,000万を稼ぐ一番確率が高い方法

と、ここまでは20代で年収1,000万稼ぐ仕事に就ける難しさばかりを語ってきたが、ここからは希望を話していきたいと思います。確かにいわゆる普通の仕事に就いて20代のうちに年収1,000万に到達するのは相当難しい。

ここまでで言ってきたように、相当エリートな職に就かない限り無理なわけで、そういう仕事に就くのは相当難しいって話。高学歴なのはもちろんだけど、学歴があるだけじゃダメ。僕も早稲田大学っていう高学歴の大学に入ってたから周りの人の就活状況を聞いてたけど、早稲田の人でも総合商社に入れるのは本当にごく一部ですからね。普通に落ちる落ちる。よっぽど能力高くないと20代で年収1,000万稼ぐ仕事にありつくのは無理です。

 

そこで、提案したいのが20代で年収1,000万以上稼ぎたいなら、自分で仕事を始めたほうが確率は高いって話。サラリーマンじゃなくていわゆる自営業を始めてしまえと。自営業だったら学歴とか求められる能力とかないから、自分次第で20代のうちに年収1,000万超えは全然目指せます。総合商社とかマッキンゼーを目指すよりも個人的には確率は高いと思いますね。

実は僕も現在20代ですが、個人にオンラインビジネスを教える仕事を始めたことで年収は1,000〜2,000万の間で推移するようになりました。それもサラリーマンではなく、オンラインで起業するほうを選んだからです。僕以外にも周りに20代で年収1,000万を超える人はいますが、

 

オンラインサービスの普及が起業のハードルを下げている

今ってオンラインサービスが超普及しているじゃないですか??このブログだったり、SNS、YouTubeといった様々なオンラインサービスを個人が利用できる時代です。そのおかげで個人がオンラインで仕事を始めるのがとても簡単になりました。やろうと思えば誰だってオンラインビジネスを始めることができるのです。

例えば今こうやって記事を書いてるブログ。ブログってうまく記事を 書けばGoogle検索に載るんですよ。すると、検索された時に自分の記事が読まれるんです。そうやってうまくユーザーを集められるようになれば広告収入を得られます。僕は、このブログとは別にいくつもブログを運営しているのですが、検索されるブログを作ることで、一つのブログから月に20万の広告収入が入るようになったりしています。

他にもYouTubeを利用して仕事を始めることもできますよね??今YouTuberはすごい人気になっていますが、YouTubeの動画で視聴者を集めることができれば同じく広告収入で稼ぐことができるわけです。

 

といったように、今オンラインの起業のハードルはとても下がっている。その気になれば今日からオンラインビジネスを始めることができるのです。もしこれからオンラインビジネスを始めたいなら、僕が配信している無料メルマガをご購読ください。僕の無料メルマガでは、オンラインで起業する方法を日々配信しているのであなたのオンライン起業に役立つはずですから。ご登録はこちらから可能です。

登録はこちら

ABOUT ME
飯島一休
飯島一休
飯島一休 脱無難株式会社 代表取締役社長/ブログアフィリエイト/ブログコンサル 「格好良く生きる」が人生のテーマ。 イケてるメンズを創り出していきたい。
無料でメルマガを配信中

現在、メルマガを配信しております。無料で購読できるのでぜひご登録ください。

登録はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です